スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

子豚ちゃんと言わないで、プロデューサーと子豚ちゃんと騎士団員

はじめに
皆さんこんにちは、
2ndライブ素晴らしかったですね。
小岩井ことりさんが披露した、騎士団七ヶ条から始まる「Maria Trap」は、その歌声だけでなく、モニターでの演出、結った髪を鞭のようにくるくると回す振り付けなど、ライブ初披露とは思えないほど、会場の空気を掴んでいたと思いました。LVでしたけどね!
LTHイベントもあり、2年間ライブで1度も聞くことが出来なかったとは思えないほど、濃密な時間が最近流れている様な気がします。嬉しい。

そんな中で、色々な方々の感想を見ていると、朋花P=子豚ちゃん=騎士団員のような感じで考えている人は少なくはないのかなと、なんとなく思いました。
ですが、朋花P=子豚ちゃんでぶひぶひ鳴いているわけではないということは、しっかりと主張していきたい。
そのため、朋花ちゃんにとって子豚ちゃん、騎士団とは
そしてプロデューサーとは一体どのような存在なのか少し整理してみることにしました。


子豚ちゃんと騎士団員とプロデューサー
・子豚ちゃん
おそらく多くの人が天空橋さまのファン=子豚ちゃんという考えなのかなという予想をしていて
私も大体そんな感じだと考えています。
子豚ちゃんという台詞の多くをファンに変えても違和感はありませんし、
「子豚ちゃん達を招待して誕生日パーティー…プロデューサーさんにしては、珍しく気が利いていますね~? 」(2014年の誕生日、ファンと誕生日パーティーを選択より)
という台詞からも、運営的にもPと朋花ちゃんの間にも、ファン=子豚ちゃんという認識があるのかなと感じます。

ちなみに、どうしてファンのことを子豚ちゃんと呼ぶのだろうと疑問に思い、少し調べてみたのですが、
どうやら「豚」という生き物は、聖書的にはあまりいい扱いがされておらず、汚い動物として扱われているようです。
参照:http://www.jesus-web.org/radioprg05/prg_seisho_20051027.htm
そう考えると、厳密にはファンというよりも、朋花ちゃんが聖母として、
祝福を授ける必要がある人たちということなのかなと思ったり
どのような人たちに対しても、平等に祝福を与えてださる朋花様はキリスト様を超える存在ということですね?


・騎士団
次は騎士団ですね。
ちなみに、天空騎士団じゃないですよ?天空騎士団なのでお間違えなく。
初期から存在している騎士団の行軍 天空橋朋花や絢爛毒舌 天空橋朋花で存在感を放つ騎士団の方々
tomoka_R01.jpg

(ちなみに私は、鉢巻の色的に最初はピンクが朋花ちゃんの色だと思っていました。)
「うふふっ…騎士の皆さん、子豚ちゃん達、よく集まってくれました~♪ さあ、天を見上げて空を仰ぎ、私に仕える喜びに酔いなさ~い♪」(絢爛毒舌 天空橋朋花より)
この台詞から、騎士と子豚ちゃんが朋花ちゃんの中で別物ということがわかります。

「進出!アジアンライブツアー」にて「台湾の子豚ちゃんが、天空騎士団台湾支部を設立したいそうです。」との台詞があることから、
騎士団は子豚ちゃんたちのなかで作られている、ファンクラブのようなものというのが私の予想です。
七ヶ条はファンクラブ規約
(海や花見と、どこにでもいるのは、天空橋朋花と一緒に写真を撮れるというファンイベントなのかも知れない…w)
2014年の誕生日のみゃおみゃーとの会話
宮尾美也 「事務所の前で、天空騎士団の方を見ましたよ~。今日はみなさん、水色の服を着ているんですね~。」
天空橋朋花「ええ、水色は私の好きな色ですから~♪ 子豚ちゃん達が私の生誕を祝って、忠誠の証を見せてくれているんですよ~、ふふっ♪」

より、子豚ちゃん≒騎士団員ということもわかりますね。

・プロデューサー
最後にプロデューサーですね。
朋花P≠子豚ちゃんであるということを示すのはとても簡単です。
あいさつの
「ふふ、弱音を許されているのは子豚ちゃん達だけですからね、プロデューサーさん♪」を見れば朋花ちゃんの中で子豚ちゃんとプロデューサーが違うことは分かって貰えるはず。
「ふふ、プロデューサーさんほどの方なら私の二手、三手先を行くのが当然ですね~♪」
「プロデューサーさん♪ うふっ、私が見込んだ以上は、誰よりも私に優しくしてださいね~♪」などの
プロデューサーを頼りにしているからこそ厳しくあたる姿勢、とても好きです。親愛度台詞のデレデレもいいよね…

まとめ
ここまでで、プロデューサー=子豚ちゃんor騎士団員ではないということはわかっていただけたかと思います。
しかし、アイマスにはプロデューサーがアイドルの最初のファンであるという伝統があります。そこから、朋花P=子豚ちゃんや朋花P=騎士団員という考えも正しいとは思います。
私も「子豚ちゃん♪」と言われたら全力でぶひぃぃぃと鳴きます。楽しいです。
でも、ゲーム内における子豚ちゃんとは少し違う、
朋花ちゃんが甘えたくなったり、正面からかわいいと言って許される様な存在として、
天空橋様やことりさんの尊さを崇めるだけではなく、Pとして朋花ちゃんを優しく見守るような
そういったロールプレイの楽しみ方をしている人もいるということが言いたかったのです。ただの彼氏芸じゃねぇか

初期の抱負ボイスで「私を巡っての争いをなくすために、みんなの天空橋朋花になるために手伝って下さい~」という朋花ちゃんが親愛度台詞で「私の視線を、独占するつもりですか~ うふふ、世界を敵に回す覚悟があるなら、それでもいいですけど。…どうなんですか~?」というのはなんだか好き。
朋花ちゃんの今の人格が形成される過程は凄く気になる…。
今回のまつり姫の表情、凄い良かったですよね。
朋花ちゃんにもマジかよ!となるようなカードが来たりするのでしょうか、楽しみです。
なんとなく、まつり姫と朋花ちゃんは似ているけれど真逆な存在のような気がしているんですよね。

おわりだよ~(o・∇・o)

関連記事

 他サイトおすすめ記事 Powered By 画RSS

[ 2015/05/10 22:24 ] グリマス | TB(-) | CM(11)

[ 11602 ]

朋花のプロデューサーは子豚や騎士団員とは違って朋花に服従すればいいってわけじゃないんだよな
意見ができるからこそ彼女がプロデューサーを他とは違う人だと認めてるんだから
[ 2015/05/10 22:49 ] [ 編集 ]

[ 11603 ]

いいね、 その通りだと思う。
ミリオンはキャラクターの曖昧さが許してくれる解釈の多様性が面白いよね。
ヴァイちゃんのこういう記事もっと読みたいわ
[ 2015/05/10 22:55 ] [ 編集 ]

[ 11604 ]

本人曰く、「迷える子羊」より「子豚ちゃん」の方が可愛らしいからそう呼んでいるらしいが
[ 2015/05/10 23:00 ] [ 編集 ]

[ 11605 ]

「豚」って言葉からただでさえ勘違いされやすいものね
アジアツアーの台詞からそもそも動物の豚自体が好きみたいね
[ 2015/05/10 23:06 ] [ 編集 ]

[ 11606 ]

朋花Pとして「朋花ちゃん」とか「天空橋様」とか言わないようにはしてましたね。
朋花に救われるのでも朋花をあがめるのでもなく、朋花の隣に立っていたいなあ、と。
聖母として茨の道を歩んでいくだろう彼女にとっての、心のよりどころになれるよう、これからも頑張ります。
[ 2015/05/11 04:10 ] [ 編集 ]

[ 11607 ]

この記事に同意したうえで、俺はただの「子豚ちゃん」でいたいと思った。
[ 2015/05/11 17:03 ] [ 編集 ]

[ 11608 ]

Maria Trap最高だった
[ 2015/05/11 18:55 ] [ 編集 ]

[ 11609 ] Re:

> 11602さん
Pとアイドル、互いに期待に答えようとしている関係がまたいいですよね。

>11603さん
がんばるる
穴や解釈の甘さを感じることもあるとは思いますが、
コメントで更なる魅力に気付けたらいいなと思うので、よろしくお願います。

> 11604さん、11605さん
子豚ちゃん=迷えるファンについては、自己紹介ボイスを引用した方が、簡単かつ適切でしたねすみません。
単純にかわいいから、好きだからでもいいんですけれど、あえて聖書的に汚い存在である豚を選択した理由はあるのかな~?と感じたんですよね。
実家に聖杯堂があるというだけで、そこまで本人が信仰深いというわけではないのかもしれませんが…w

> 11606さん
なんとなく、天空橋様は子豚ちゃん目線の時とは思っていましたが、朋花ちゃんではなく朋花というのもいいですね。
朋花は本心から聖母として振舞っていると思っているのですが、どこか自己犠牲的に感じることもあるんですよね…

> 11607さん
そう思っていただけたことは、この記事で1番怖かった
「天空橋朋花が好きな人は、天空橋朋花と対等でなくてはダメだと言っている。」
と思われることがなかったということだと思うので、とても嬉しいです!
私もここまで言っておいてなんですが、子豚ちゃんとして楽しむのも大好きですw
ファンとして、アイドルを楽しむのもアイマスの楽しさの1つですよね。

> 11608さん
それな。
ミリラジでの七ヶ条を言えるようにして欲しいという発言から、鳥籠スクリプチュアが来ると思っていたので、
イントロ前に七ヶ条が流れて、Maria Trapを確信した瞬間の嬉しさはもう…
スクリプチュアも好きですけれど、2年待ち望んでいた気持ちのほうが流石に強かった。

[ 2015/05/11 22:26 ] [ 編集 ]

[ 11611 ]

初見の鳥籠スクリプチュアは鳥肌が止まらなかったわ
[ 2015/05/12 20:10 ] [ 編集 ]

[ 11612 ]

でも朋花コンベンションセンターは一部養豚場と化してると思うんですよ
[ 2015/05/14 00:39 ] [ 編集 ]

[ 11615 ] Re:

> 11611さん
ぐぬぬ。。。

> 11612さん
ライブ後は感動のコメントで溢れていたでしょ!w

[ 2015/05/14 22:26 ] [ 編集 ]

コメントですよ!コメント!








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。